登録販売者職 新卒採用情報 | 社員インタビュー

社員インタビュー

  • 3年目ビューティアドバイザー 杉中麻梨
  • 8年目店長 大窪尚之
入社3年目ビューティアドバイザー 杉中麻梨

“人”から学び、成長し続ける。

人と話すのが好きで、就職先は接客業を希望。ツルハには地元の店舗の明るい雰囲気にひかれ興味を持った。休日の過ごし方は家で過ごすよりも外出派。友人と会ったり、ウィンドーショッピングを楽しんでいる。最近、運動不足解消のためスポーツジム通いを検討中。

くすり!を渡すだけじゃないシゴト

地域密着で、毎日新しいニーズが生まれる場所でもあるドラッグストア。その分、豊富な知識や経験が求められます。ツルハは、研修制度やキャリアプランで社員の成長をしっかりサポートしていきます。

変化の積み重ねは大きな可能性になる。

 「これ、私の肌に合っていてよかったわ!今日は大きいボトルを買っていくわね」。そう言って笑顔でスキンケア商品をご購入されたお客様。先日、肌質チェックをして、お肌に合うサンプルを選んで差し上げたところ、使用後に効果を実感されたそうで改めて買いに来てくださいました。おすすめした商品を喜んでもらえた――!働いていて、この瞬間ほど嬉しいことはありません。
 現在、私は化粧品売り場で美容・コスメ専門のビューティーアドバイザーとして働いています。あまり知られていないかもしれませんが、化粧品担当者もツルハの社員なのです。ツルハの総合職は、入社後に医薬品や化粧品などの担当をもちます。私は登録販売者の資格を取得し、医薬品の案内や販売もしますが、もともと好きだった化粧品の担当をしています。最新器具を使い、お客さまのお肌の状態を見て分析をし、肌質や好みに合ったお手入れやメイクの方法を提案しています。人の肌は千差万別。たとえどんなにいい商品でも人によって合う・合わないがありますから、その見極めが難しいです。そのため、お客さまにベストな商品を紹介できた時は、お客さまと信頼関係が築けた第一歩と思えて、心からやりがいを感じます。
 就職先としてツルハを志したのは、自宅の近くにあったことがきっかけでした。働く人がいつも明るくて店全体の雰囲気がよく、「こんな職場で接客をしたい」と憧れていたのです。長く働くのなら、職場の雰囲気や人間関係は重要ですから。積極的にコミュニケーションを取ることができる自分の長所をいかし、ツルハが掲げる「お客さま第一主義」に貢献したいと思いました。でも、入社してみると、お客さまと接する時間の多さは予想以上。他のドラッグストアでは化粧品での接客の印象があまりないのに対し、ツルハは百貨店の売り場の接客に近い、密な接客が行われているように思います。

 お客さまからは化粧品以外にも医薬品、その他幅広いご相談を受けます。時には知識不足で先輩社員に頼ってしまったり、お客さまをお待たせしてしまったりと反省することも多々あります。それでも困った時、辛い時、店長をはじめお店のみんなが支えてくれますし、自分の名前を呼んで笑顔をくださるお客さまがいます。“人”でつまずいても、救ってくれるのも“人”。人とのつながりの強い恵まれた職場環境に感謝しています。また、化粧品やメイクを学ぶ勉強会も随時あり、毎年、全国の化粧品担当者が技術やセンスを披露するメイクアップ大会も。地区によっては近隣店舗間で接客見学なども積極的に行われていますし、スキルを磨き向上できる機会はいくらでもあります。
 私は、身体・お肌の健康は心の健康と思っています。お客さまが求める商品を提供すると同時に、自分の接客でお悩みや不安を解消することで「心の健康」も支えていきたいです。ツルハでならそれが叶うと思います。

8:00 出勤

8:00 出勤

自転車と電車を使い出勤。出勤時間は早番と遅番があり、今日は早番。

9:00 開店 台帳付け、クリンリネス

9:00 開店 台帳付け、クリンリネス

清潔を第一にお客さまを迎える。お客様の化粧品購入情報などを台帳に記録する。

13:00 昼休憩

13:00 昼休憩

昼食は近所で買うか持参の弁当で。空いた時間はメイクの新商品をチェックすることも。

14:00 メンテナンス、売場づくり

14:00 メンテナンス、売場づくり

お客さまに配慮しながら、陳列したりメイク品サンプルの汚れや乱れを直す。

15:00 接客

15:00 接客

百貨店の売り場とは違い、メイクアップよりもスキンケアの相談が多い。

17:30 終業

17:30 終

残業はほとんどないので退店後の計画も立てやすく有意義に過ごせる。今日は友人と外食。

このページのトップに戻る

閉じる

薬剤師職 新卒採用情報

登録販売者職 新卒採用情報

総合職 新卒採用情報